メディプラスゲルを1年ほど使った感想。
使い続けるほどに肌を強く、プルプルにしてくれるスキンケアだと思います

メディプラスゲルを使いはじめて、そろそろ1年になります。
個人的には、使い始めた1年前に比べると、こんなことが変わってきたような気がします。

なんだ、たったこれだけ?と思われるかもしれません。
でも、肌が敏感な私にとっては、生理前も季節が変わっても同じスキンケアアイテムを使い続けられたことがちょっとすごいことだと思うのです。

1年使ったからこそ、ここは不満…!

ここまで使ってきたので、まあ我慢できないほどではないのですが・・・。
やっぱりこのメディプラスゲルはちょっと使い方に癖があるので、そこは不満です。

※その他の不満な点はこちらにもまとめました メディプラスゲルの残念なところ

この方法を守らないと、本当にボロボロが出てきてしまうので注意が必要です。

それから、ゲルをぬってしばらく馴染むまで待たないと、化粧ができない、というのもちょっと不満…。
でも、この点はスキンケアしながら朝の支度や家事をするという流れにかなり慣れてきたので、たまに困る程度にまではなりました。

界面活性剤や乳化剤を使っていないとこんなことになるのか…!と
使いはじめの頃は驚きましたが、「肌に優しい分これくらい我慢するか…」でここまで使い続けられた気がします。

肌が敏感な時「どうしようもない」で諦めず、きっちり保湿と栄養補給ができる。

メディプラスゲルは、皮膚科などでも使われる美容ゲルなだけあって、
とにかく低刺激にこだわって作られています。
美容成分が60種類以上も含まれているので、肌が反応してしまう可能性はちょっと高めですが…。

成分は本当にいろいろ

使ってみても大丈夫なら、肌が荒れても敏感になっても意外と使えることが多いのも特徴だと思います。

肌が荒れるともう何もできなくなる…、という状態になっていた時期もありましたが、最近は生理前でもそんな状態にならなくなってきた…?と感じています。
セラミドもしっかり入っているそうなので、肌をちゃんと保護できているのかもしれません。

その上でしっかり保湿と栄養補給ができているのかも…?
敏感肌でもキメを整えることができるんだ…!と実感できるアイテムなのかもしれません。