メディプラスゲルは赤ちゃんにも使える? → 実はベビーテスト済みなので大丈夫ではあるけれど…

メディプラスゲルは肌にやさしいオールインゲルです。
皮膚科医のパッチテストもクリアしているし、実はベビーテストもクリアしています。

しっかりやさしい敏感肌向けのゲルならば、赤ちゃんの保湿に使っても良いのかな?
わたし自身、そんな素朴な疑問がずっとありましたが、実は赤ちゃんがゲルを使うのは一応、問題がないようです。

※公式サイトにもこう案内されていました。

基本的にはご使用いただけますが、まずは腕の内側等でパッチテストを行って頂くことをおすすめします。

※ただし、乳幼児のお肌は大人の肌と比べて非常にデリケートである為、まず腕の内側で1日お試し頂いてからのご使用をお薦めします。

でも、本音を言うと「使えるからどんどん使うと良いと思う!」とは言えない

メディプラスゲルは赤ちゃん向けのゲルではないと思う

ただ、個人的な本音をいうと…。
メディプラスゲルは確かに敏感肌向けのオールインワンゲルですが、赤ちゃんに積極的に使う方向のやさしいゲルではないと思います。

もちろんこれはただの素人考えではありますが…。
ついついそう考えてしまうのです。

個人的にはあくまで、大人向けのオールインワンゲルとして考えたい

60種類以上も成分が含まれて、疲れ肌でもきちんと守るよう考えられているゲルだからこそ。
メディプラスゲルはあくまで大人向けのオールインワンゲルと考えた方が良いと思います。

わたし自身、2児の母で乳児湿疹やアトピーの経験もあり、何か良い対策は…と悶々と頭を抱えた経験もあります。
藁にもすがる思いで使ってみようか…、となってしまったことも確かにありました。

でも、赤ちゃんのスキンケアについてはこう思います。

大人の場合は、肌が衰え始めていたりするので、より複雑でガッチリと考えられたケアが必要ですが、赤ちゃんの場合はある意味では完璧な状態です。
不足している成分や補った方が良い成分もまだいまいちよくわかっていないので、素人なりにあれやこれやと盛り込むよりも、わかっていることを着実にきっちり積み重ねた方が良い。

だからこそ、シンプルさでは真逆のメディプラスゲルよりも、もっとシンプルな保湿する方が良いと思うのです。

赤ちゃんのスキンケアを探しているなら、それこそ定番アイテムを

じゃあ何を使ったら良い?というと。
我が家の経験上なので個人差はあるはずですが、この3つが良かったです。

ヴェレダ カレンドラケアクリーム

赤ちゃんのスキンケアとしては定番のクリーム。
消炎作用があるというカレンデュラがベースになったクリームです。
ちょっとお高いですが、うちはこれが1番肌に合っていました。
乳児湿疹もアトピーも虫さされもすり傷も、ちょっとした肌トラブルは全部これです。

ヴェレダ カレンドラケアクリーム 25g(Amazon)

桃の葉ローション(あせもジェル)

夏場、汗をたくさんかくときはこちらを使っていました。
ただ保湿しているだけではどうしてもべとついて逆に肌荒れしてしまうので…。
桃の葉ローションも種類はいろいろありますが、化粧水タイプよりも使いやすくて保湿力もあり、成分を見ると配合のバランスも良さそうなので、我が家ではこれを使っています。

ユースキン あせもジェル 140ml (あせも 汗あれ 保湿ジェル) 【医薬部外品】(Amazon)

水の彩

真水ベースの植物性原料ばかりを使ったオールインワンゲル。
保湿まで黒砂糖を使っていて、これならアトピー肌にも赤ちゃんにも使えるオールインワンだと思います。
さらっと軽いつけ心地で季節問わず使いやすいゲルです。
我が家では肌が落ち着いているときの維持に使っていました。

低刺激性保湿クリーム【水の彩】(公式サイト)

ワセリンをはじめ、ベビー向けクリームというのはいろいろありますが、大人以上に合う・合わないがあるものなので、あまり深刻に頼りすぎずにあくまでサポーターとして上手に活用していくのが大切だと思います。

※肌の状態が悪化しているときは、無理せず、ステロイドでも薬を使って治してあげてから冷静に考えた方が良いです。
見ていてかわいそうだし、焦る気持ちにもなるものですが…。
スキンケアだけでなく、生活習慣を見直した方が結果的に良いことが多いはずです。