メディプラスゲルは敏感肌にやさしい? → 慣れたら強い味方になると思う

産後のひどい肌荒れ、敏感肌で大変な目にあったことがありました

わたしは思春期の頃から敏感肌でした。
スキンケアはヒリヒリするものだったし、ちょっとした刺激で肌が赤くなるのも当たり前。
大人になってからはスキンケアでカバーしてほとんど忘れていましたが…。
でも、妊娠→出産を経験して、そんな敏感肌が一気に悪化。
肌は荒れるし何をしても肌は戻らないしニキビは大量に出てくるしで散々になったことがありました。

そんな時に5ヶ月ほど休んでいたメディプラスゲルを再開しました。
(別のものを試したくて、定期購入でキープしていたのです)

はじめてメディプラスゲルを使ったときは肌荒れして散々でした。
でも、このときはメディプラスゲル様様で。

産後の肌荒れ+敏感肌というややこしい肌の状態をググッとおさえこんでサポートしてもらえたのです。

60種類以上も美容成分が入っていれば、反応する可能性だって上がる

確かに、はじめてメディプラスゲルを使うときは肌が反応することもあります。

肌にのせて何も感じなければあればそのまま使えます。
でも、刺激を感じた場合は腫れたりしないか様子を見たり、何か変化があるかしっかり観察するべきです。

すごく心配ならば、事前に腕の内側など皮膚が薄いところにゲルをのせて、パッチテストを行うと良いと思います。
(何事もなければとりあえず使える。赤くなれば要注意、として)

肌質が敏感肌なら、はじめて使うアイテムには慎重になった方が良いです。
これはどんなアイテムでも同じことだと思います。

科学に頼った敏感肌向けのオールインワン。きっちり考えられているのは確か

でも、メディプラスゲルは確かに敏感肌向けのゲルだと思います。

肌が弱いと自然由来の方が良いと思いがちですが、メディプラスゲルはその正反対です。

製薬会社の科学の力をしっかり活かして、必要最低限のケアで最大限の効果を得られるように開発されています。

敏感肌向けで肌にやさしいだけのオールインワンやスキンケアアイテムは他にもあります。
でも、ここまで効率重視でうまくバランスを取っているゲルは他にないと思います。

使い続ければ続けるほど、敏感肌が守られている気がする。
わたしは完全に頼ってます

そして実際の使い心地は、慣れるまではわかりにくいですが、慣れると確かに便利です。

メディプラスゲル自体は使い心地がとても良くて、スーッと肌になじみます。
変なクセや人工的な臭いもそんなに感じません。
(2016年の5月にリニューアルされて、以前よりさらによくなりました)

肌へなじんだ後は肌へのうるおい膜がきっと合っていたのだと思います。
それから、すごい肌荒れも、ニキビも、敏感肌も、みるみる抑え込まれていくようでした
何かにつけて肌がピリピリと刺激を感じていたのもほとんどなくなり、時間が経てばあんなに荒れていたのが嘘だったみたいになりました。

時間が経てば経つほど、敏感肌であるのを忘れられるくらいになっています。

敏感肌はある意味、肌が困って悲鳴を上げている状態です。
もちろん、生活習慣も関係あるし、スキンケアだけでは肌質が変わりません。
とは言っても自力で頑張るだけなのは難しいので、スキンケアでちゃんとサポートしたい
そんなときに味方につけておくと頼れるのがメディプラスゲルだと思います。

使い始めはちょっと勇気が必要ですが…。
肌に合えば、敏感肌にこそかなり頼もしいサポーターになれるゲルだと思います。